相続税の申告義務

全ての相続人が取得した財産の合計額が、基礎控除額(3000万円+600万円×法定相続人の数)を 超える場合は相続税の申告が必要です。 相続税の申告は非常に複雑で、特例も多く知らないと 損をすることがあります。
また、2次相続のことを考慮して遺産分割をしたほうがいい場合もあります。多少費用はかかりますが、専門家に任せたほうが安心です 。
当センターでは、遺産分割のご相談と相続税の申告の代行を引き受けます。 相続税の申告が必要かどうか不安だという方もお気軽にご相談ください。

相続税対策の具体的方法

相続税対策をするためには、まず相続税額の試算します。
現実を把握するために、もし今相続が発生してしまったらいくら相続税がかかるのかを試算します。
そして、その税額を減らすためにはどうすればいいのか、納税資金はどうやって確保するのかを考えます。

anime1

記帳代行サービスが大好評です

記帳代行サービス

最新ニュース

経営革新等認定支援機関

■融資の条件変更をお考えになっていませんが  

行政書士業務

■建設業許可申請 ■年度報告 ■会社設立支援業務

所長ブログ

Copyright© 2010 相続・生前贈与に強い吉里政雄税理士事務所 All Rights Reserved.